調査書WEB登録

「インターネット出願になって高校の先生方は楽になったかも知れない。
しかし中学校側は全く楽にならないばかりか、むしろますます大変になった。

中学校の進路指導の先生方のそんな声から、 どうしたら中学校の先生方が楽になるか、 考えて開発したのが『調査書WEB登録システム』です。

残業する先生

調査書を厳封して郵送する場合と変わらないセキュリティを実現しました

郵送の場合

中学校にある紙の調査書
郵便局にある紙の調査書
高校にある紙の調査書

調査書WEB登録導入後

中学校にあるデータの調査書
サーバにあるデータの調査書
高校にあるデータの調査書

調査書データを中学校より直接受験校の出願サイトに登録することは、あらかじめ受験生の同意を得ています。

調査書データは完全に暗号化された状態で高校に届けられます。
途中、誰も閲覧したり修正することはできません。
※たとえシステム管理者であっても、調査書の内容を見ることはできません。

簡単操作

中学校の先生は、現在お使いの「校務支援システム」から調査書データを抽出して、 受験校のサイトから入手した「調査書登録エクセルシート」にデータを読み込むだけ(※1)。
あとは受験校ごとに絞り込んだ登録用データを受験校のサイトから登録すれば完了です。
※1 自治体によって調査書書式の統一がなされている場合に限ります。

登録前確認

受験校に調査書データを登録する前に、最終情報を受験生ごとに印刷して内容の確認をすることができます。

万全のセキュリティ対策

中学校の先生が作成した登録用調査書データは公開鍵を使って暗号化されます。
万が一先生のパソコンからデータが漏洩しても、秘密鍵がなければデータは復元されません。
あとは受験校ごとに絞り込んだ登録用データを受験校のサイトから登録すれば完了です。

また、サーバに登録されたデータは中学校毎に異なる共通鍵を使って暗号化されます。
更にその共通鍵は、同じく中学校毎に異なるパスフレーズで暗号化されます。
このパスフレーズはサーバに保管されないため、たとえサーバ管理者であっても復号してデータの内容を閲覧することはできません。

受験生の同意

受験生が出願する際、調査書データの取り扱いを含む「個人情報保護方針」を確認いただき、同意を得ます。 その中で、調査書データを中学校から直接受験校に提供いただくことについても同意をいただきます。

各出願方式の違い

従来の紙の出願

従来の紙の出願

インターネット出願(調査書紙提出)

インターネット出願(調査書紙提出)

インターネット出願(調査書電子提出:CKIP方式)

インターネット出願(調査書電子提出:CKIP方式)